田んぼ大

春三番

先週春一番、今週の月曜日に春二番が吹き、今日は春三番ではないかと天気予報で言っていましたが、雨と相まって暴風雨状態です。

風20170223   竹20170223

田んぼ脇の竹やぶは、狂ったかのように風にあおられています。春を告げるかのように咲いている花や木も、雨にたたかれているようで、胸が痛みます。

木立20170223

今日はそんな嵐のような日ですが、実は昨日まで料理の恩師のいる茨城県の料理教室に行き、料理の修行と小旅行をして参りました。

今回のメイン料理はふきのとうの天ぷら。
苦みを消すコツは油を上手に使うこと。そしてカラッと揚げるコツは衣を薄くすることなどなど、様々な技やコツを伝授して頂きました。

出来上がった料理がこちら。

料理教室ランチ20170223

玄米ご飯と岩ノリたっぷりのお吸い物、ふきのとうの天ぷら、野菜の和えもの、麩と白菜の煮物、そして甘味は甘酒だけで皮を練り、あんこを入れたお饅頭です。

シンプルですが、滋味深く、とても味わいのあるランチでした。全品マクロビオティックのお料理ですから、動物性のものや砂糖、乳製品は使いませんが、とてもコクがあって大満足でした。

 

翌日は恩師の家から車で2時間ほどのところにある「大杉神社」に参拝に行ってきました。というのも、この大杉神社は夢を叶えてくれる神社なのだそうで、恩師や友人達と夢を伝えに行くことになりました。

鳥居20170223

 

享保13年に焼失する以前は、今の社殿よりずっと豪華絢爛だったということですが、現在でもかなり煌びやかな造りで、どこか日光東照宮を思わせるところがありました。

本殿20170223   大杉殿20170223   柱20170223

龍神20170223

鳥居の前には、こんな古い蔵を持つ立派な建物もあり、町の歴史の古さを感じさせてくれました。

蔵20170223

現地で珍しい杉を発見。

杉20170223

広葉杉(こうようざん)と読む杉の一種で、落ちている実を拾ってきましたが、松ぼっくりのように大きい杉の実でした。

広葉杉20170223

ご利益を求めて参拝したのでしたが、神社の持つ荘厳なありがたさが身に染みて、信頼する人たちと共にお参りができたことに、心から感謝の気持ちがわいてきた1日でした。