田んぼ大20170209

寒波再来

立春を過ぎ、昨日はポカポカ陽気で暖かかったのですが、本日は一転して夜半から冷たい雨が降りしきっています。

先日無農薬のお米や野菜を売っている道の駅を教えてもらい、今日はそちらに買い物に行ってきました。

鄙の里20170209

こちらは「鄙の里」といって、南房総市の三芳村にあります。

三芳村20170209あいにくの雨であまり景色が芳しくありませんが、広々とした田んぼや畑が広がっていました。このあたりは、千葉県の酪農発生の地だということで、この道の駅でもソフトクリームや牛乳を使ったスイーツを販売しています。

紅梅20170209  川の紅梅20170209

帰り道では、見事な紅梅が道路沿いにずっと並んで満開でした。
それに負けじと、白梅も立派に咲き誇っていて、梅の美しさをあちこちで見かけることができました。

白梅20170209

昨日があまりに暖かかったので、今日は冬に逆戻りしているかのような寒さを感じます。それでも雪ではなく雨、というところに、やはり少しずつ春が近づいてきているのでしょうか。

こんな時はやっぱり熱々のあんかけうどんがいいですね。

ランチ20170209

葛あんでとじたあんかけうどんに、根菜の煮物、高菜の漬物を添えて。
熱々とろとろのうどんがうれしいランチです。

午後は、昨日収穫しておいたふきのとうで、「ふきみそ」を作りました。
一般には、砂糖やみりんを使って甘じょっぱいふきみそになりますが、天然村のふきみそは、味噌だけ。水を入れて少し緩めますが、ふきのとうの苦みを油で炒めることで飛ばし、味噌の風味だけで仕上げます。

ふきのとう20170209      ふきみそ20170209

春のほろ苦い味が懐かしく感じられました。
三寒四温と言いますが、すこし辛抱して、また暖かくなるのを待つのも今しか味わえないことかもしれませんね。

沈丁花20170209